新型コロナウイルス感染対策の影響を受けてリモート学習自宅学習が特に重要なこの一年となりましたね。

 

お子さんたちにも、親御さんにもさまざまなストレスが積み重なっていますが、まずは今、何をしなければいけないか、を考えて、お子さんの将来にコロナ禍のデメリットを残さないようにして乗り越えていくことが重要ですよね。

 

この冬もインフルエンザとの同時流行の懸念で、休校を勧める小児科医も増えています。

 

自宅学習,習慣,付録なし,学習教材,ポピー 

 

学校以外での家庭学習の方法

幼児から小中学生向けの家庭学習の方法には大きく分けると

  • 学習塾や公文式などに通う
  • 家に来てもらう家庭教師
  • オンラインの家庭教師
  • 自宅に配達される学習教材での実習

 

などがありますよね。それぞれの費用やメリット・デメリットを徹底比較して分かりやすく解説します。

それぞれ、良いところや他に比べて弱いところもありますが、全てはお子さんとの相性次第です。発達過程や年齢・学年によっても変わってきます。最終目的は「お子さんが自分ひとりで勉強できるようになる」ことですので、そこを忘れず、丁寧に選んだり、体験授業などを利用して積極的に試してみることをおすすめします。

 

自宅学習,習慣,付録なし,学習教材,ポピー 

コストパフォーマンスが良い自宅に配達される学習教材

この中で、学校で習う教科と同じようにバランスよく予習復習ができて、塾などに比べて大幅に毎月の費用が安く、コストパフォーマンスが良いのが自宅に配達されるが学習教材です。ポピーや進研ゼミなど数種類があり、それぞれ特徴があります。最終目標である「一人で学習できる」形であるうえ、利用者が非常に多いのでノウハウの蓄積があり、サポート体制が充実しているのも安心のポイントです。

月々1000円程度(幼児)-5000円程度(中学生)

余計な付録も無く、コスパ最強で自宅学習が身につく

↓↓↓↓

家庭学習の方法 それぞれのメリット・デメリット・費用を徹底比較

学習塾のメリット

学習塾は、行きさえすれば、その間は塾の講師が監視していたり授業をやってるので、「とりあえずその時間の間は」強制的に勉強してくれます。友達が通っている、などモチベーションアップにつながる点や、エアコン完備の自習室を利用できる学習塾もあります。

学習塾のデメリット

学習塾は親が送り迎えしなければいけないこともあり、子供が一人で通塾するのは別の危険が伴います。まだまだ三密などの危険性もありますよね。

 

何より授業料が高いですし、夏期講習や受験前の特別講習となると、毎月数万円から重数万円になることも。

 

さらに、塾に行っている「以外の時間に自宅で自分で勉強する習慣がつくか」と言うと、宿題の充実している公文式以外ではなかなか難しいようです。

 

学習塾は大手に見えて個人経営の場合もある

大手のチェーン店のように見える学習塾もありますが、実際には「フランチャイズ」と言ってコンビニのように地元の方が経営して、「大手の看板、大手の教科書やシステムを利用しているだけ」という場合もあります。

 

そうなると実際の運営や講師の採用は地元の経営者がやっているので、その経営者の方が上手にやってくれるかどうか次第になってしまいます。つまり、残念ながらバラバラだということです。大手の名前があるからといって、安心できませんので、注意深く見る必要があります。

もちろん、大都市の都心にある大規模な塾は、企業が直営でやっています。

 

リアル家庭教師のメリット

学習塾に比べ、1人1人の苦手な科目だけを集中的にやるなどフレキシブルな対応は可能です。 一対一で監視されているので、その時間は確実に勉強に取り組んでくれます。学校の宿題などもきめ細かく見てもらえる場合もあります。

 

リアルの家庭教師のデメリット

自宅学習の中では時間当たりの費用が高くなります。(1時間2000円-5000円)

 

リアルの家庭教師庭やっぱり個人差があります。個人の場合には地域の最新の受験情報など、情報網が不足している場合があり、この点では学習塾などに大きく劣ります。

 

結局のところ、あなたの地元であなたの家に通える範囲で優秀な家庭教師が見つけられるかどうか、運次第です。

 

そして家に来てもらうとなるとそれなりに家もきれいにしなければいけませんし、お茶を出したり色々しなければいけませんよね。

 

オンライン家庭教師のメリット

オンラインの家庭教師は、近年増えてきていますが、特に2020年には多くの企業が参入してきました。パソコンやタブレットを利用したり、様々な方式があります。リアルの家庭教師に比べると時間の融通が利いたり、費用も若干安くなってることが多いです。

 

オンラインの家庭教師 のデメリット

こちらも結局のところ、担当になった家庭教師の質によって左右されますし、オンラインでの授業を行ったりするという仕組みやカリキュラムは、最先端の私立学校でもまだまだ確立に苦労していますので、正直、2020年現在、「安心して数年間任せられるオンラインの家庭教師」をシステムとして提供している会社はまだないかもしれません。

 

リアルの家庭教師では、始まる前や後に親子さんとお話する時間もあると思いますよね。でも、オンラインだと親御さんとのコミュニケーションなど、「どう進捗を報告したり要望を聞くか」といったところも重要なシステムの一部で、そこまで十分に仕組み化できているオンライン家庭教師はまだ少ないようです。

 

自宅に配達される学習教材のメリット

学校の教科書、学校の進捗に合わせた教材が毎月届くので、授業の予習復習に最適です。また慣れれば自分一人で勉強をするという習慣がつきますので、子供の将来のことを考えれば、自宅に配達される学習教材を利用して自分で勉強できるようになるのがベストですよね。

 

親からしてみれば、子供を送り迎えする手間もかからず、5教科全部入れても圧倒的に費用が安いというのがありがたいところですよね。

 

自宅に配達される学習教材のデメリット

しかし、自分で勉強する習慣が全くないお子さんや、難しいという状態だと、ただ教材がを与えるだけでは、自宅学習が習慣づくまでに時間が掛かる場合があります。特に最初のうちは親御さんのサポートが重要になるでしょう。

 

中には、「楽しい付録やキャラクターで引き付けて勉強に取り組ませよう」という学習教材もありますがそういった付録が、逆にトラブルの元になっていたり、「付録だけは開くけどメインの教材は全く取り組んでくれない」といった例も残念ながら少なくないようです。また付録があると、そのぶん、費用も高くなってしまいますよね。

 

余分な付録がないポピーのメリット

自宅学習,習慣,付録なし,学習教材,ポピー 

自宅に配達される学習教材の中では、余分な付録がないシンプルな教材のポピーおすすめです。

月々の学習費用が安い!

付録がないぶん費用も抑えられますし、子供の集中力も阻害されません。

  • 幼児向けでは月々1000円程度
  • 小学ポピーは月々2500円から3800円
  • 中学生向けは2020年3月号までは月々5000円以下

 

と学習塾や家庭教師に比べれば圧倒的に安い台のが特徴です

 

 

丁寧に蓄積されたコピーのノウハウ

創刊以来50年近くも利用されていて利用者が多く、付録に頼らなくても子供が自分で学習できるようにするノウハウも充実しています。

 

さらにこのポピーを編集している新学社は、実際に小学校や中学校の副教材を作っている会社でもあります。学校の勉強のことも子供たちのことも、そして親子さんの気持ちもよくわかっていますので、入学準備から、授業の予習復習、高校受験対策準備まで、しっかりと計画し練り上げられた教材になっています。

幼児向けの教材は脳の専門家が監修

さらに幼児向けの教材に関しては、脳の専門家が監修しており子供の発達に合わせて自然に楽しみながら、「自分学習の習慣づけ」をはかることができます。

英語教材もある

小中学校では教科書に沿った内容であることがやはり重要です 小学校で英語教育が義務化されましたので2019年4月からは英語教材もあります

月々1000円程度(幼児)-5000円程度(中学生)

余計な付録も無く、コスパ最強で自宅学習が身につく

↓↓↓↓