記憶の仕組み 脳の神経細胞とシナプス

教育や学習というと、「暗記や記憶」と「考える能力」の両方が必要になります。
その中で、「記憶」に関してはかなり研究が進んでおり、最近では井ノ口馨博士が「記憶を操る」、「記憶をコントロールする」などの興味深い書籍を出版されています。

記憶は脳の神経細胞のつながり

最近は哲学ブームでもあり、「心はどこにあるのか」といった本も出版らされていますが、「記憶が脳に蓄えられている」と言うのはおそらく確かなようです。
そして実際、脳のはどのように記憶を蓄えているのかというと、

脳にある神経細胞が隣の神経細胞と「シナプス」と言う神経細胞間の接合部を介して結合しています。
複数の神経細胞が同時に活動すると、その神経細胞間のシナプスの結合が強くなるということです。
このように、シナプスの結合が強化された状態が、長期間続くのが記憶だと言われています。

そのために、ある経験が記憶される場合には、その時たまたま活動した神経細胞集団に「符号」として記録されます。

例えば季節や場所といったようなものですよね。

そして別の経験については、別の神経細胞集団に記録されるため、ある特定の神経細胞集団が活動すると特定の記憶として思い出すわけです。

連想して思い出されると言う事ですね。
このように同じような経験を以前にしてるような場合には、その記憶を無意識に思い出していることが多いため、新しい記憶と過去の記憶や経験が関連することになってきます。

60歳70歳でも、新しく記憶できる理由

1つの記憶に対して、数十万以上の神経細胞が使われていると言われています。
この数はびっくりするぐらい多いように思いますが、実際には人間の脳のシナプスは100兆個以上あると言われています。

さらにその「シナプスの組み合わせ」ということで考えると、無限大と言うことができます。
そのため60歳70歳になって、それまでにたくさんの記憶や経験をされている状態でも、新しいことが覚えられいるということです。

本棚にもルールがある 成毛 眞

本棚

本棚にもルールがある 成毛 眞

成毛 眞

本は10冊同時に読め!や超訳シリーズなどたくさんの出版を行っている成毛 眞氏は経営コンサルタントでありながら、無類のSF好きで、自ら書評サイトHONZも立ち上げるほど。

本棚は外付けの脳だが、容量は限られる

そんな成毛氏もたくさんの情報ストックとしての本や書籍・資料をお持ちだと思いますが、脳や電子書籍と違って、本棚には容量が限られています。とくに日本の狭小家屋ではなおさらのこと。

それだけに、

  • 定期的に整理し、
  • 分野ごとに区画わけをし、
  • 厳選した本だけを収納すること。

このような書籍管理の原則・ルールを守ることで、探している情報を見つけやすくなり、「買ったけどまだ読んでない、次に読まないといけない本」なども埋もれずにピックアップしやすくなるそうです。

書籍管理と読書法

こんな書籍管理の方法だけでなく、多忙な成家氏ならではの知力や仕事力の向上に役立つ読書法も紹介しています。

最近ではツタヤ図書館が話題になっていますね。ライフスタイル分類という独自の分類法でツタヤスタッフも元の場所に本を戻せない、、、ということで問題になっています。

個人の本棚では自分の趣味趣向に合わせた分類でOKですが、断舎利ほどではないにしても、定期的な整理は必要ですよね。

 

おだまり、ローズ ロジーナ・ハリソン

イギリスの歴史と貴族

おだまり、ローズ ロジーナ・ハリソン

ロジーナ・ハリソン

ロジーナ・ハリソン氏は英国貴族の名家であるアスター子爵婦人に35年間、メイドとして仕えた「ローズ」。「おだまり、ローズ」とはまさにこのアスター子爵婦人からロジーナ・ハリソン氏に言われる言葉なのである。

アスター子爵婦人はイギリス初の女性議員

アスター子爵婦人は名家の夫人とは言え、ただの有閑マダムとは程遠いお人柄で、イギリスで初めての女性議員で男勝りの型破りな性格だった。

あのガンジーやチャーチル元首相が招待されたという子爵家での豪華な晩餐会では、そのチャーチルなどから「席が窮屈で何も食べられなかったよ」と苦情を言われても「ちょっとくらい痩せても害は無いわよ」と切り返すほど。

さらに戦時中にはロンドンと地元を往復して、市民のために議員として懸命に働く。

気の強い主人に負けないメイド

そんな気の強いアスター子爵婦人に使えるメイドはさぞや大変だろうと思いきや、始めは疲れ果てていたものの、だんだんと強気になっていきます。

ローズも相手に非があるときには場をわきまえず忠告する性格。

しかし、そんなときにアスター子爵婦人は「おだまり、ローズ」とたしなめる。しかし、それは決して上からの命令ではなく、コミュニケーションを楽しみ、信頼関係を確認する、深い愛情のあるものでした。

ローズも、戦時中に献身的に働くアスター子爵婦人を心から尊敬しています。

そんな古きよき時代の愛すべき主従関係や、地中海やカリブ海への海外旅行、さまざまな衣装やジュエリーなどを購入する20世紀前半の優雅な英国貴族の生活を垣間見ることができる。